【神さまのぶらんこ】 [鎌倉とんぼのページ]

[全部読む] [最新50] [1-50] [タイトル] [ツリー]


■(削除) 最新発言から読む

1632 名前:(削除) :09/10/15(木) 14:47 ((削除)) 
(削除されました)

1633 名前:鎌倉とんぼ :09/10/16(金) 11:27 (Re: 妻の実家の仏壇) 
マスオさま、こんにちは。

近年は貴兄のようなお話しは多いのです。ご心中 お察しいたしま
す。

さて、<<1つの家に仏壇があるのはおかしい>>とありますが、
これは「一つの家に二つ(あるいは複数)の仏壇が・・・」と言うことでし
ょうか、それに沿って話を進めます。

基本的には一つの家には一つの仏壇、、、と言うことですが、ご承知の
ように近年は家族構成や、在り方が変わってきていることに加えて、
仏壇も変化、ある意味で進化してきています。

貴兄の場合には磯野家の屋根の下に住まいしていますが、れっきと
したフク田家です。磯野家と並べてフク田家の仏壇を祀ることは避
けなければなりませんが、貴兄のお部屋に、それなりの家具調の仏
壇を設けて、サザエさんのお位牌をお祀りするべきです。一つの家の仏壇に他家(跡取り娘であっても家姓が違う)の位牌を祀ることの
方が問題です。

サザエさんのご両親が他界された後には、フク田家の縁者の過去帳
を調えて御両親の御戒名法名などを記してお祀りして下さい。

サザエさんの御納骨はフク田家のお墓ですか?将来に、磯野家のお
墓の継承も問題になりますが、その件は具体的な事柄をお知らせ下
さればご指示申しましょう。出来る限り“無縁”は避けて下さい。

1634 名前:マスオ :09/10/17(土) 00:02 (Re^2: 妻の実家の仏壇) 
ご指導ありがとうございます。

以前より私は妻を嫁として迎えているので、磯野家の仏壇やお墓参りはしておりませんでした。
あるときちょっとしたきっかけで仏壇にご本尊様が無いのに気づき、
ご本尊様を購入しました。(支払いはマスオ)
お仏壇がもうひとつ増えますとご本尊様も、もう一体増えますが、その場合は問題ないのでしょうか?
磯野家、フグ田家共に真言宗ですが、菩提寺は異なります。

磯野家のお墓は、墓相大鑑に沿わない様なお墓ですが、「お墓も家も長年住み慣れて、何の支障も不都合も無いので、いじらないで、ほっといてくれ」との事なので、
波平、フネはご先祖やお墓、家を守る気が無いようです。
 お二方の行いは、孫などに影響するとすれば、私が磯野家にいる間にしておくことはあるのでしょうか?それとも他界されてから何かしたほうが良いのでしょうか?
 愚痴みたいになってすみません。

1635 名前:鎌倉とんぼ :09/10/17(土) 08:29 (Re^3: 妻の実家の仏壇) 
ご本尊(御軸も無かったのですか?)は、一度、菩提寺さんに拝んで
頂いたでしょうか?「御精入れ」などと言いますが。買われて納めら
れた後に、御仏壇でご法事などがあって、菩提寺さんが御経をあげ
て居られればよろしいですが。ただ、それが無かったとして、今か
ら出来るかどうかは、現実として難しいことがあるでしょうから、
ご無理にとは言いません。
アクまでも「出来れば・・・」と言うことです。物事は、発想が正しくて
も、手段を誤れば結果として正しいモノにはなりにくいものです。

>お仏壇がもうひとつ増えますとご本尊様も、もう一体・・・
これはご心配はありません。この御仏壇はアクまでも貴兄のお家の
仏壇ですから別次元です。ご本尊も仏壇も一度は菩提寺さんに御経
を頂きたいところですから、菩提寺さんにお話しをして、可能であ
れば車ででも仏壇などをお寺に運んで御経を頂くか、お家に備えて
から御経をお願いするかです。後者の場合には、磯野家の波平、フ
ネさまの感情を害しては困りますので、お二人がご旅行などでお家
を留守にする時がよろしいのではないでしょうか。
菩提寺さんに訳をお話ししてご理解を得ることも大切です。この場
合、出来れば磯野家のご本尊も一緒に御経を頂くとよろしいです。

磯野家のお墓のことは、仰有るように(失礼ですが)お二人がご他界
の後に善処されるべきでしょう。その時のご事情などで、色々な道
がありますでしょうから、その時は具体的なお姿をご指示できます。

1636 名前:マスオ :09/10/27(火) 00:37 (Re^4: 妻の実家の仏壇) 
ご返信ありがとうございます。仏壇は小さいものを購入することにしました。
そうしますとまたお教え願いたいのですが、
まずフグ田家の過去帳(サザエの戒名記入のもの)は必要ですよね?それから私が供養したい方は、祖父(フグ田)、祖母(フグ田)、
叔父(波野家)、
義理父(伊佐坂家、母の再婚相手)、ここまでは戒名分かる。

生みの父親(石田家、戒名分からず)
生前お世話になり無縁仏となった方(三河屋家、他人、戒名分からず)
生前お世話になった方(穴子家、他人、戒名分からず)
このような方々は過去帳に記入し仏壇に入れてよいものなのでしょうか?又、戒名の調べようの無い方(お墓もどこにあるか分からない)
のご供養はできないのでしょうか。
今現在は毎朝、グラス(人数分)にお水を部屋にお供えしております。

1637 名前:鎌倉とんぼ :09/10/27(火) 09:17 (Re^5: 妻の実家の仏壇) 
マスオ様

> >ご返信ありがとうございます。仏壇は小さいものを購入することにしました。
それは良かったです。
近年は色々な形の御仏壇が作られていて、生活空間に置いても違和
感がありません。

> まずフグ田家の過去帳(サザエの戒名記入のもの)は必要ですよね?それから私が供養したい方は、祖父(フグ田)、祖母(フグ田)
これらの方々は「フグ田家過去帳」に記載します。
記載方法は、過去帳は日めくり形式になっていて、各頁に日にちが
印刷されていますから、故人のご命日の頁(仮に十日なら十日の頁)
に記します。普通は上下二段になっていますから、上段に御戒名を
下段に俗名、没年月日や年齢続柄などを記します。

> 叔父(波野家)、
> 義理父(伊佐坂家、母の再婚相手)、ここまでは戒名分かる。
>
> 生みの父親(石田家、戒名分からず)
> 生前お世話になり無縁仏となった方(三河屋家、他人、戒名分からず)
> 生前お世話になった方(穴子家、他人、戒名分からず)
> このような方々は過去帳に記入し仏壇に入れてよいものなのでしょうか?
これらの方々は別に「フグ田家縁者過去帳」というもの(形はフグ田家
過去帳と同じ)を調えて、それに記載します。方法は「フグ田家縁者過
去帳」と同じですが、続柄のことは、将来になって第三者が見ても判
るように記すことが肝要です。

これらの過去帳は御仏壇(の前や横)に広げて(その日の頁を広げる)
並べて結構ですが、スペースなどに問題があれば、「フグ田家縁者過
去帳」は閉じて置いて、毎日、確認されればよろしいです。

そしてご命日の日には、その方のためにお線香を灯すことが大切で
す。

又、戒名の調べようの無い方(お墓もどこにあるか分からない)
> のご供養はできないのでしょうか。
これらの方々は、過去帳の15日の頁に記します。15日は三十番仏の
阿弥陀如来の御縁日に当たります。
同じく24日は地蔵菩薩の御縁日ですから、水子霊があれば「水子諸精
霊」などと記します。

> 今現在は毎朝、グラス(人数分)にお水を部屋にお供えしております。

これは必要ありません。一つで結構です。
「水 善く 万物を利して争わず」です。

1638 名前:鎌倉とんぼ :09/10/27(火) 10:13 (Re^6: 妻の実家の仏壇) 
マスオ様
追記

>>戒名の調べようの無い方

これらの方々は、俗名で「フグ田家縁者過去帳」に記してお祀りいた
します。フグ田家の仏壇に他家の位牌をお祀りすることは避けなく
てはいけませんが、過去帳に記載することは差し支えがありません。
そのために別に「フグ田家縁者過去帳」というものを調えるのです。

1648 名前:マスオ :09/11/16(月) 10:05 (Re^7: 妻の実家の仏壇) 
鎌倉とんぼ様
お久しぶりです。
先日、仏壇を購入し、昨日お寺に運んで開眼供養してもらいました。
菩提寺のほうでも「わざわざ仏壇を運んでまで、開眼供養をする人は、初めてです。感心します。」とのことでした。
 現在は仏事を疎かにするというよりも、どうしたらよいのか分からない人のほうが多いと思います。
 私の場合、仏縁あって墓相大鑑を読ませていただき、このホームページにたどり着きましたが、ここまでたどりつけず、途中で挫折、変なものに引っかかってしまう方も多いと思います。
ので、これからも宜しくお願いしたいのと、他の困っている方のためにも、ご活動頑張っていただきたいと思います。

尚、当家の過去帳は住職が後日記入するので…
との事ですが、妻を記入してもらった後に、祖父祖母(宗派違うけど)の記入は私が書けばいいのでしょうか?

1649 名前:鎌倉とんぼ :09/11/16(月) 11:39 (Re^8: 妻の実家の仏壇) 
マスオ 様

御仏壇が調えられて良かったと思います。これからは奥様のお祀り
をおつとめ下さい。

その様に持ち上げられますと困りますが、仰有る通りに、家族構成
が核家族であり、個人個人の生活が主流になってしまった今日では、
家庭の味や伝統行事などが継承されにくくなってしまい、それに伴
って神棚や仏壇などのお祀り事も伝えられなくなってしまいました。
しかし、何かのことがあると無くても良いわけではなく、困ると同
時に迷いが出るのですね。そこにつけ込む悪徳商法もあって問題に
なることが少なくはありません。

もし貴兄の周りにお困りの方が居られる時は、ご遠慮なくココにお
書き込み下さい。

過去帳はご自身でお書き込み下さってよろしいのです。ゆっくりと
した時間の時に、書き込んであげて下さい。

1654 名前:マスオ :09/11/24(火) 00:26 (Re^9: 妻の実家の仏壇) 
鎌倉とんぼ様
次から次に分からないことが出てきます。
先日、当家にこられた方が「仏壇は床の間に置いた方が良い」と…
床の間には神様の掛け軸がかかっています。床の間の左隣りのふすまの前(押入れではなく、秘密の階段がある。使用していない。)に仏壇は置いてあります。
床の間は神様の場所だと思っていたのですが、真ん中にある神様を(掛け軸)横にずれてもらって仏壇を置くのはどうなのでしょう?
そのうち引越しをする予定(未定)なので、今の場所は南向きに置けるし、床の間に置くと段差の分、高くなるので、お参りしにくくなるのですが、床の間に入れたほうが良いのでしょうか?

1656 名前:鎌倉とんぼ :09/11/24(火) 08:24 (Re^10: 妻の実家の仏壇) 
マスオ さま

床の間の起源については諸説があって、仏像、仏画などの前に備え
る具足の机(卓、台)なども、その一つとされています。それから見
れば見れば床の間に仏壇を置く意味もうなづけます。地方の旧家な
どでは、床の間の隣(座敷の中央)に仏壇を備え、その上に神棚が祀
られている形もあります。

ものの起こりはそれとして、時代が流れ、生活様式などが変化をし
てきますと、必ずしも踏襲しなくても良いこともあります。仏壇の
意義を尊重しつつも、日常のお祀りに支障がなく粗末でない場所が
一番宜しいと思います。

1657 名前:鎌倉とんぼ :09/11/24(火) 08:28 (Re^11: 妻の実家の仏壇) 
マスオ さま

返信作業中に、誤って貴兄のはじめのご質問投稿を削除してしまい
ました。まことに申し訳ありません。他意はありませんので、ご容
赦下さい。失礼いたしました。

題名(省略可)
Email(省略可) Preview:

主 宰 者 鎌倉とんぼ morio@hugyou.jp
管理/総合 Webmaster info@ayus.net
管理/技術 Webmaster info@ayus.net
esbbs v4.1 by esaki